薬科大学6年制に伴い

薬科大学は現在6年制と4年制の2コースとなっている事は薬剤師を目さじている人以外にはあまり知られていない事です。

もちろん薬科大学も以前までは4年制のみでしたが、この6年制がスタートした背景には医学の向上があります。
医学の向上に伴い、薬剤師に求められる薬学もこれまで以上に増えた事が背景にあるのです。
その為、薬剤師の資格を取得するためには6年制のコースを卒業した者のみに国家試験の資格が与えられているのです、では4年制を卒業した
学生の就職先はどうなるのかとえば、それは薬剤師の資格は有してはいませんが、「薬学部の卒業」という称号です。

世の中にたくさんでている求人の多くは「薬剤師求人」で「薬学部卒業者」という明記をされているところはあまりありませんが、
この「薬学部卒業者」の就職先には製薬会社や化粧品会社など「薬剤師の資格は必要としないけれども薬学の知識のある人」を求めている企業などが
ありますし、就職はせずにそのまま医薬の研究に進むという人もたくさんいます。

そんな中でも薬剤師の資格を必要としている企業はもちろん多く存在しますし、病院などではやはり薬剤師の資格を有している人を募集しています。

そして何よりも、医薬法の改正により今まで病院でしか提供することのできなかった医薬品の一部が店舗での販売が可能となった事により、
その販売許可を得る為に必要な薬剤師の資格を有している薬剤師求人も減る事はなく増えているのです。

言い換えれば、4年制コースで薬剤師の資格を有していなくても就職先があるという事で、薬科大学の進学を目指しいる人の中に薬剤師の資格を
取得しない人も出てくるわけですから、この先薬剤師自体が不足をしてくる可能性がでてくるという事になり、薬剤師求人がますます増える傾向に
あるといえるかもしれません。

しかしこの6年制コースというのはまだ数年前にスタートしたばかりですので、この先どのような状況になるのかという事は、もうしばらく年数の経過を
見ていく必要がありるのです。

ノベルティグッズ
ノベルティグッズの企画・製造を行っています