増え続ける求人

長く続く不況の影響で、この何年かは就職難が続いており大学を卒業した人の何割かは就職浪人という状況になっていますが、
医療の世界だけを見てみると、既に何年も前から看護師不足は叫ばれていましたし、地域や診療科による医師不足も昨今問題となっています。

そして現在では多くの病院のホームページなどを見てみると、医師、看護師だけではなく薬剤師も求人が掲載されるようになり、求人情報誌などを
見ても、多くの医療期間や医薬品の販売を行っている店舗などで常勤、非常勤、パートなどでの薬剤師求人が掲載をされているのです。

また製薬会社や化粧品メーカーなどでも薬剤師の需要は高まるばかりで薬剤師求人を行っていない薬学を必要とする関連企業はないといえるのです。

こうして薬剤師求人が増えている背景としては、医薬品の一部が店舗などで販売が可能となった事、院外処方が増えてきて調剤薬局などが増加してきた事、
そして薬科大学での薬剤師資格の取得のためには6年制コースを卒業しなければ国家試験の受験資格を得られなくなった事などがあげられます。

そして何よりも、高齢化社会に伴い、医療機関を受診する人の人数の増加、そして介護施設などの急激な増加も要因として挙げられます。
介護施設に薬剤師が必要なのだろうかと思われる人もいるかもしれませんが、介護施設と一口に言っても、その内容はさまざまで医療を伴う介護施設では
医師、看護師はもちろんですが、薬剤師も必要となっているのです。

こうした社会的な背景の為に薬剤師求人をする病院、医療機関、薬局、企業、店舗などは年々増えているのです。

しかし、高齢化社会とは対照的に少子化社会は着実に進んでいます。
子供の数が少なくなっているという事は、将来「薬剤師」の職を選ぶ人が、過去と同等の割合だったとしてもその絶対数少なくなってしまうという事を意味しています。
それでも社会的に必要な「薬剤師」の人数というのはある程度決まっているのです。

こうした事から考えて、この先も薬剤師求人は増え続けていくという事がいえるでしょう。

結婚式 エンドロール
リアンの映像がお2人の結婚式・披露宴を美しい思い出として映像に残します。