医薬分業により薬剤師の需要UP

今、薬剤師求人が増えていますが、なぜか知っていますか。
以前は病院でもらっていた薬ですが、今は病院以外でもらう事が多くなっていますよね。
それが原因です。
原因と言うのはちょっとおかしいですが、医薬分業と言って、医師には病院での治療に専念してもらい、薬は薬剤師がしっかり管理すると言う事になってきているようです。
私は以前薬局に努めていたことがあります。
薬局は薬剤師が常駐してる所で、薬店は薬剤師ではなくて薬種商と言う資格を持った人がいる事もあります。
そして薬剤師がいるのといないのとでは、取り扱える医薬品も違ってくるようです。
簡単に言えば、薬剤師がいれば、薬店で扱えないような強い薬を扱うことが出来ると言う事です。
私が薬局に勤め始めたころは、近くで処方箋を発行する病院がなかったので、主に市販薬の販売のみをしていました。
たまに遠くの大きな病院から処方箋を持ってくる方がいらっしゃいましたが、その時は、薬をわざわざ取り寄せて用意する、又は他の薬局を紹介すると言った具合でした。
それがある時、その町の総合病院が医薬分業を勧めるため、処方箋を発行することになり、町中の薬局は大騒ぎです。
それまでとは比べ物にならない量の処方箋薬を用意しなければいけないので、色々な薬・機械・設備等を準備しなければいけません。
本当に一大イベントでした。
そして新たな調剤薬局が出来たりとてんやわんやです。
それに伴い、薬剤師も必要になるわけです。
そんな状況が日本中で急激に進んでいるようです。
薬剤師しか調剤が出来ないため、処方箋が多いところはそれなりに薬剤師が必要なのです。
その為、今薬剤師求人が増えているのです。
薬剤師は専門の学校で学ばなければその資格をとることはできません。
実務経験等は意味がありません。
いくら私が薬に興味を持っても、学校に通わなければいけなく、もし何か資格をとるので有れば薬種商になります。
患者さんの薬の管理をしっかりするため、薬剤師は今、とても需要な資格になっています。