薬剤師求人で出身大学は重要か?

昔は薬剤師といえば資格を持っているだけで一生安泰だと言われていました。
ところがそのイメージがあるためにか薬剤師を目指す人が多くなり、
また薬科大学や薬学部が多くなったため、
ほどなく薬剤師があまるのではないかという事態になっています。
そのような状況のなかで薬剤師求人で出身大学はどれくらい重要なのでしょう。
4年制大学を卒業した薬剤師よりも、
6年制大学を卒業した薬剤師の方が専門性も高まるでしょう。
そうなると採用する方としても、
6年制大学を卒業した薬剤師を採用したくなるのではないかと思います。
すでに4年制大学を卒業した薬剤師にとっては厳しい状況ですが、
それでも専門資格を取得して他の薬剤師と差別化をはかることができます。
実際問題として、
採用担当者はそれほど出身大学を重視していないと聞きます。
どの大学を卒業したとしても薬剤師になれているということは、
薬剤師の国家資格を取得しているということです。
国家資格を取得できるレベルであればさほど差を感じないということでしょう。
薬剤師求人ではあまり出身大学にこだわらなくても良さそうです。
それよりも専門薬剤師を目指すなど、
薬剤師としてスキルアップをしていこうという姿勢が重要なのではないでしょうか。
そんなやる気にある薬剤師をどこでも求めているのだと思います。
結局、出身大学を気にしているのは自分と家族だけかもしれません。
後は自分のやる気と生活態度が重要になってきそうです。