薬剤師求人で再就職をする女性

薬剤師の資格を有し、病院勤務の薬剤師として働いている女性の中には結婚、出産を機にその職を辞する人も大勢いらっしゃいます。
その理由としては結婚により勤務している病院への通勤が困難になるという場合ももちろんありますが、多くの場合はやはり出産により
育児が始まる事により、当直、日直などへの対応が難しくなるということにあるようです。

またもともと勤めている病院が当直、日直などがないとしても、育児が始まると時間的に長い時間を高速される正社員としての病院勤務は
難しくなるのです。
この傾向は薬剤師に限らず、各職種で働いている女性すべてに言える事で、多くの女性が「育児」を理由に退職をしています。

しかし育児、子育てがひと段落をした後は再び社会に復帰をし、仕事をしたいと考える女性もまた大勢いるのです。

そんな中、薬剤師の資格を有している人は、その資格を生かし、その資格を求めている職場への再就職というものを求めています。

そしてそうした薬剤師の資格を有した人を求めている薬剤師求人の数もここ数年増えてきています。
その背景としてはやはりドラッグストアなどでの医薬品の販売ができるようになったという医薬法の改正が大きくかかわってきているのですが、
こうしたドラッグストアなどでは当直や日直などはもちろんありませんし、病院などでは正社員が多く求人としてでているのに対して、
勤務時間を自由に選ぶ事ができるパート社員などの求人も多くあるのです。

もちろんパートとして勤務時間を選ぶ事ができるのはドラッグストアだけではなく、院外処方による処方箋を受け入れている調剤薬局などでも
正社員またはパート社員としての薬剤師求人を積極的に行っているのです。

このような背景から、一度退職をした薬剤師の資格を有しいる女性の再就職は、一般の女性が再就職するよりも比較的容易に再就職先を見つける事が
できています。
そしてこれは当然ですが、薬剤師の資格を有している訳ですので、パートなどで再就職をした場合でもその時給は一般の女性パートの時給と比べると
高額となっているのです。