薬剤師求人をしている就職先

薬剤師求人をしているのは病院だけではありません。

以前からの就職先としては、製薬会社などがありました。製薬会社が薬剤師求人をしている理由としては、まずは新薬の開発に薬剤師が必要な為であること、
そして各病院の医師に自社の薬を紹介する担当者などに薬剤師の有資格者を求めていたからです。

しかし近年では薬剤師求人をしているのは病院、製薬会社と比較的限られた就職先から幅が広がっています。
その理由のひとつとしては医薬分業による調剤薬局の増加、そして医薬法の改正によりドラッグストアなどで一部の医薬品が販売できるようになった事が
背景にあります。

こうして今まで、薬剤師の就職先といえば病院、製薬会社となっていたものが、調剤薬局、ドラッグストアなど裾野が広がってきているのです。

調剤薬局での薬剤師の仕事は、病院などで処方をされた処方箋に従って薬を選別・投薬を行い、処方箋を持ってこられた患者さんに対しての服薬指導、または
処方箋によってだされた薬への質問等への回答などの投薬指導などがありますが、もちろん薬局となっていますので、市販の薬の販売を行う調剤薬局もあれば、
院外処方箋のみを対象としている調剤薬局もあります。

またドラッグストアなども院外処方を受け付けているところもありますので、その場合は調剤薬局同様に処方箋に合わせたなど薬の選別・投薬の仕事、そして
服薬指導なども行いますし、市販薬として認定をされた薬の販売、投薬指導はもちろんの事、以前から一般に販売をされていた薬などの服薬指導または症状に
応じた薬を選別しお客様にお勧めするという仕事もありますが、ドラッグストアでは一般の社員と同様にレジなどの仕事を担う場合もあります。

このように薬剤師求人を行う業種が増えることによって、就職先も様々な場所が増えていますので、どのような場所で薬剤師として働くかという選択肢は増えている
といえますので、薬剤師の有資格者は自分がどのような職種でどのような場所で働きたいかという事をしっかりと考えて就職先を決める事ができるようになってきています。